パソコンが起動しないならプロに解決をお任せ!

データを取り戻す

システム

パソコンの操作を誤って保存した情報を消去してしまった場合には、まずバックアップをとっているか確認しましょう。バックアップがない場合には、業者にデータ復旧を依頼する必要性出てきます。

詳しく見る

廃棄する前に行なうこと

PC操作

パソコンに重要なデータを保存したまま廃棄するというのはあまり賢明な判断だとは言えないでしょう。廃棄する時には、パソコンに対してしっかりとデータ消去を行なっておくと良いです。

詳しく見る

情報を管理すること

IT

自社が売り上げた商品に関する情報を管理するということは、企業活動にとって大切なことだと言われています。しっかりと商品情報を管理したいという企業は、一度クラウド型の販売管理システムの導入を検討してみるのも良いでしょう。

詳しく見る

電源に関する問題

メンズ

普段は正常に使えているのに、ある日突然パソコンが起動しないといった事態に陥ることがあります。パソコンが使えないと業務に支障をきたしますし、業務データを内蔵ハードディスクに保存していた場合はデータを閲覧することができなくなってしまう恐れがあります。そういった事態に陥った場合には、パソコンが起動しない原因を幾つか列挙してみて、その原因に対して有効的な対策方法を探すというのが効率的です。

まずパソコンが起動しない原因として電源が入らないという状態があります。電源がつかない場合には、内部のユニットやマザーボードが故障している可能性が考えられます。電源に関係する装置が壊れているのであれば、業者に修理を依頼するか新しいパソコンを購入することになるでしょう。しかし修理や買い替えを検討する前に、電源ケーブルの配線ミスが無いかどうか確認しておくと良いかと思われます。電源ケーブルの配線を間違えていると当然ながらパソコンは起動しません。そのため配線ミスによってパソコンの電源がつかないのであれば、ケーブルを正しい位置に挿しかえると問題は解決するでしょう。

電源ユニットが故障している時でも、それ以外の場合にも共に総じて言えるのはパソコンが起動しない場合は無理やり作動させようとしないということです。無理やりパソコンを起動させようとすると内部に保存されたデータが破損してしまう危険性があります。そうなってしまうと業務に支障をきたすので、パソコンが起動しなくて対策方法が明確にわかっていないのであれば業者に連絡するのが賢い選択でしょう。